努力がすべてとはかぎらない

格闘技の練習の写真

(このページは1分で読めます)

 

負けの99%は自滅。

 

これは伝説の雀士こと

桜井章一氏の言葉です。

 

私は麻雀のルールすら知りません。

けれども、「負けの99%は自滅」という

言葉はどのような世界においても

当てはまると思っています。

 

桜井氏は25年間、

賭け麻雀の世界で無敗だった方です。

参考にならない訳がありません。

 

 

コーチングでは普段使っている言葉、

そして心の中でつぶやく「セルフトーク」の

マネジメントを重視します。

 

発する前の言葉が、そのまま

現実を作り上げていきます。

 

だから、

言葉を発した時点で、

それはすでに

現実化しているとも言えます。

 

 

「勝てるように頑張ります」

「勝ちたいと思います」

 

これらは完全にNGワード。

 

勝って当然と思わない限り、

“脳”は勝つことを許しません。

 

勝ちたいと思うのは、

“敗者”の特権。

 

では、

勝者の特権とは?

 

それは、

勝利の報告をすることです。

 

勝って当然。

そう思えない限り、

“番狂わせ”だってやってきません。

 

 

バンクーバー五輪でキム・ヨナ選手は

浅田真央選手の演技のあとに笑みを浮かべた

理由を聞かれ、こう答えています。

 

 

“自分の方がいい演技をする自信があったし、

もっと点を取れると思った”

 

 

そして、実際に金メダルを取ったあとは

こう答えています。

 

 

“ワールドチャンプ・ヨナって

呼んでください。

そう呼ばれるのが一番気分がいいから”

 

 

“いま”感じていることを言葉にする。

それは誰にでもできることです。

 

しかし、“その他大勢”から

一歩抜け出すために必要なこと。

 

それは、

ゴール側の世界における体感を

言葉にすることです。

 

ゴールを達成しているつもりになって

未来の体感を何度もアウトプットしてみてください。

 

アウトプットを繰り返すことで、

“いま”取るべき行動がハッキリと

見えてくるはずです。

 

 

コーチングにおいて、

時間は未来から過去に流れていくと

考えます。

 

それは、一日経つごとに

未来のゴールがあなたのもとへ

近付いてくるようなイメージだと

思ってください。

 

ゴールを設定すれば、

やがてその日を迎えることになります。

 

そして、あなたが未来を

リアルに感じることができれば

ゴールと現状のギャップは確実に埋まっていきます。

 

 

努力の積み重ねが、

未来を保証してくれるとは限りません。

 

努力を努力と感じない。

 

そんなマインドの使い方が可能になれば

あなたの潜在能力は一気に開花していきます

 


ブログ最新記事

人生は想定外のことしか起こらない (火, 25 4月 2017)
>> 続きを読む

あなたに生きる意味はない。あるのは理由だけ。 (金, 21 4月 2017)
>> 続きを読む

弱気は最大の敵。依存体質がメンタルを蝕む。 (火, 18 4月 2017)
>> 続きを読む

コミュニケーション能力だけを身に付けても好かれる人間にはなれない (日, 16 4月 2017)
>> 続きを読む

運という言葉が嫌いだった私が、運ほど確かなものはないと思うようになった理由 (金, 14 4月 2017)
>> 続きを読む

無難な生き方はやめよう。魅力のない使い捨て人間になるだけだから。 (木, 13 4月 2017)
>> 続きを読む